Cambio-climatico - Axial energy solutions

世界経済フォーラムは、今年もまた、世界危機の報告書を発行しました。10年以内に発生する可能性、また、その世界的なインパクトの2つの視点から、エキスパートによって行われた重要なグローバル危機を評価する研究です。

ダボスのフォーラムとしても知られている2016年の世界危機に関する報告書は、「 気候変動 の緩和と適応の失敗」をリストの第一番目のインパクトとして取り上げています。現在、気候変動 は世界危機の要素のうち最も有害な危機とみなされています。

一般人の意見の調査、また学術、政治的な立場では国連の第五報告書IPCCの結論とも一致した状況です。この印象は、フランスの大統領フランソワ・オランドが、「テロとの闘いか 気候変動 との闘いか、選択することはできない。」と宣言したパリ・サミット2015で、特に顕著でした。

実際初めて、この闘いの失敗は大量破壊兵器、水不足、大規模な移民問題の上に主な危機として番付されています。一方、確率の番付では、移民と極端な気象現象を下回っています。しかし、これらの問題は個々の項目に分類されていても、お互いに絡み合い、気候変動 が全てのシステムを妨害する軸として、直接的または間接的に、その他の危機に影響を及ぼしています。

この状況の下、大規模発電所(太陽光・地熱発電所、ソーラーパーク、風力発電パーク)及び、局所的な利用(個人用太陽光発電、風力マイクロ発電など)ともに、再生可能エネルギーは今最も必要とされています。トレンドを変える機会は私たち一人一人の手に掛かっています。賭けのためには固い意志が必要です。

Imagen

Leave a Reply